歯周病治療

日本人成人の約80%が歯周病だといわれています。
あなたのお口の中の状態は大丈夫ですか。
下の症状で当てはまるものがあれば歯周病にかかっている可能性があります。

「歯周病は自分とは無縁」そう思っている方も!
歯周病の症状をチェック

  • 朝起きると、口の中がネバついている。
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする。
    歯茎が下がったように見える。
  • 歯を磨いた時に血が出る。
  • 歯がグラグラする。浮いているような気がする。
  • 口臭が気になる。
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る。
  • 歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛んだり、噛みにくい

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度歯科医院へお越しください!

歯周病治療について

歯周病治療について 主な歯周病の原因は、口腔内の細菌が作る歯垢(プラーク)です。磨き残しの歯垢(プラーク)は、そのまま放っておくと歯石となります。
歯周病の治療を行う際に、一番重要な事は、この歯垢(プラーク)と歯石を隅々までしっかりと除去し、清潔な口腔内環境を維持する事です。
しかしながら、歯の表面に着いている歯垢(プラーク)は、日々の歯磨きで取り除く事ができますが、歯周ポケットに長時間かけて蓄積されてしまった歯石は、歯科医院で特別な処置を行わなければ(スケーリングやPMTCなど)、完全に除去する事はできません。

歯周病はこうして進行します!

  • 歯周病はこうして進行します!歯と歯茎の間に
    歯垢がたまります。

  • 軽度歯周病 軽度歯周病
    歯茎が赤くなり
    腫れてきます

  • 中度歯周病 中度歯周病
    歯槽骨が溶けて
    後退してきます

  • 重度歯周病 重度歯周病
    歯槽骨で歯を
    支えられなくなります

中度以上に進行した歯周病は、外科的な治療をします

中度以上に進行した歯周病は、外科的な治療をします 取り除くことの出来ない、歯肉の裏側や歯の根に蓄積された歯石は、歯肉を切開して取り除きます。
切開して歯根を露出させることで、奥に詰まって取り除けなかった歯石に、スケーリング等が行えるようになります。隅々まで綺麗に歯石を取り除いた後に、切開した歯肉は縫合します。
「歯肉の切開」=「痛い」というイメージがありますが、レーザーを用いることで、ほぼ痛みを感じずに治療を行うことが可能です。この治療をフラップオペレーションと言います。
中度以上に進行してしまった歯周病には、この治療を行います。

レーザー治療器を用いた歯周病治療

レーザー治療器を用いた歯周病治療 当院では極力痛みが無いような歯周病治療を心がけており、痛みの少ない歯周病治療には、レーザー治療器が利用されます。
レーザー治療は、光を照射した部分のみに作用するため、痛みが少なく身体に負担をかけない優しい治療が可能となります。
歯肉の切開の際は、麻酔が必要無い場合がほとんどですが、必要があれば麻酔を行います。
また、レーザー治療器で切開した歯肉は、傷の治りが早いことも特徴の一つです。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病が全身に及ぼす影響 最近は、アルツハイマーや糖尿病などの生活習慣病に歯周病と関係しているなど、歯周病は全身の病気に大きく関わることがわかっています。
歯周病を予防することが生活習慣病や全身の疾患への予防、治療につながります。
特にご年配の方は、口腔ケアを怠っていると、歯周病となり誤嚥性肺炎を引き起こす可能性がありますので、毎日のブラッシングは欠かさず、定期検診を必ず受けるようにしましょう。

一番上に戻る
診療のご予約お問い合わせ TEL:0942-82-5466
Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?