歯を失ってしまった方へ

歯を失った場合、「ブリッジ」、「入れ歯」、「インプラント」など
様々な治療の選択肢があります。
患者さまのご要望や口腔内の状態に合わせて最適な方法をご案内します。

ブリッジ、入れ歯、インプラントの比較

ブリッジ

ブリッジ
メリット デメリット
  • しっかり固定し、ほとんど違和感なく噛むことができる
  • 自費の材質によっては見た目に違和感がなくきれい
  • 治療期間が短い
  • 比較的安価(保険適用の場合)
  • 両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 支えとなる両隣の歯に大きな負担がかかる
  • 虫歯のリスクが高い

入れ歯

入れ歯
メリット デメリット
  • 比較的治療が簡単で、治療期間が短い
  • 比較的安価(保険適用の場合)
  • 自費の材質によっては見た目をきれいにできる
  • 割れる可能性があるため、硬いものが食べづらい
  • 留め金が見えて見た目が良くない(保険適用の場合)

インプラント

インプラント
メリット デメリット
  • 天然歯とほぼ同じくらい噛むことが出来る
  • 他の歯への負担が少ない
  • 天然歯とほぼ変わらないような見た目
  • 手術が必要
  • 保険適用外のため、治療費が高い
  • 治療期間が長い

インプラントについて、症例によっては連携している大学病院へご紹介しています。

メンテナンスの大切さ

メンテナンスの大切さ インプラントやブリッジなどで失った歯を補ったあと、それで治療が終わりではありません。せっかく綺麗に治療をしたのに、同じような生活をしているとまた口腔環境が悪くなり、歯を失い・・・同じことの繰り返しです。
必ず定期的なメンテナンスを行いましょう。

入れ歯について

  • このようなお悩みはありませんか?
  • 食べているとズレる
  • 見た目がよくない
  • 付けていると痛くなる
  • 喋りづらい
  • 口の中に入れると違和感がある
  • 臭いが気になる
  • 食べ物を食べている感じがしない

入れ歯は保険で作る入れ歯と自費で作る入れ歯があり、それぞれに特徴があります。
当院では患者さまのご要望に合わせて、より快適なお食事が出来るようご提案をしています。

保険で作る入れ歯 自費で作る入れ歯
写真 保険で作る入れ歯 自費で作る入れ歯
素材 レジン床
(歯科用プラスチック)
種類が豊富
(金属、シリコン等)
噛み心地
  • 慣れるまで違和感がある
  • 固い物が噛みにくい
  • 固い物も噛める
  • 温度や味覚も感じやすい
見た目 部分入れ歯の場合、場所によっては留め金が目立つ 留め金が目立たない素材もあるため、自然な仕上がり
耐久性 割れやすい 壊れにくい
費用 保険適用なので比較的安価 素材によっては高額
製作期間 半月~1ヵ月 素材によっては期間がかかる
一番上に戻る
診療のご予約お問い合わせ TEL:0942-82-5466
Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?