お知らせ

2020.06.10

オーラルケア

新型コロナウイルスの第2波、第3波の襲来に備えて、いま取り組んでおきたい対策の一つとして、口腔内の清潔を保つ「オーラルケア」に注目が集まっている。

口腔疾患の多くは口の中に棲みついている細菌によって引き起こされますが、オーラルケアを怠ると自覚症状のないまま細菌は増殖していく。あまり知られていないことですが。口の中の細菌が増えると問題は口腔内に留まらず、インフルエンザなどの感染症リスクを高めることになるのです。当然新型コロナウイルスの感染発症にも口腔内細菌は関与します。

 口腔内細菌の中でも、とりわけ危険なのが歯周病菌です。歯周病菌は、ウイルスが人間の体に進入する時に必要な糖タンパクを活性化させる働きをします。つまり、歯周病菌はコロナウイルスへの感染を手助けする働きを持っているのです。

個人差はありますが、睡眠中は誰もが少なからず唾液を誤嚥しており、口腔内細菌が気管支を通じて肺に流れ込んでいます。それでも免疫系が正常な時なら大きな問題は起きませんが、コロナによる攻撃を受けている時は細菌性肺炎を引き起こすリスクが高まるので命取りになってしまいます。収束に向かいつつある新型コロナウイルス、口からも予防しましょう。

一番上に戻る
診療のご予約お問い合わせ TEL:0942-82-5466
Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?Recruitment 私たちと一緒に働きませんか?